NYC Photo

ネット証券何でも比較

「るいとう」でネット証券比較

るいとう(株式累積投資)とは、株式の積立投資のようなものです。るいとうを使うことで、従来の株数単位の取引ではなく金額単位での積立投資が可能で、ドルコスト平均法を活かした投資ができるのが魅力です。

株式投資には興味があっても、価格が上下する株価をどのタイミングで買うかというのを決めるのは難しいですよね。そういうとき、るいとうのようなタイミングを考えなくてよい投資は株を買いやすい投資といえます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ネット証券比較ランキング.com

るいとう(株式累積投資)とは?

るいとう(株式累積投資)は月々1万円からスタートすることができる株式の積み立て投資制度です。毎月同じ銘柄を決まった金額投資することができます。

普通、株式を購入する場合は「金額単位」ではなく、「株数単位」となります。
たとえば、単元株(取引単位)が100株の株式は100株単位で売買する必要があります。仮に1株459円だとすると45,900円単位ということになります。最近ではネット証券を中心としてプチ株やワン株などの「単元未満株取引」ができるところもありますが、それでも1株単位の売買となります。

るいとう(株式累積投資)は、こうした一般的な株の売買とはことなり、1株単位ではなく、金額単位で株を積み立て投資することができる制度です。

たとえば、毎月1万円購入するというケースで、上記の1株が459円の株を購入する場合、初月は10000円÷459円=21.7864株というように小数点を含めた金額で購入していくことができます。
次に、翌月の購入タイミングでは467円だったというケースでは10000円÷467円=21.4132株(積み立て合計:43.1996株)という形で積み立てて購入することができます。

 

るいとう(株式累積投資)とそのメリット

るいとう(積立投資)最大のメリットは「ドルコスト平均法」に基づく株式投資が可能と言うことです。

ドルコスト平均法(定額投資法)とは、価格変動がある商品を「定額」で投資をする方法です。毎回決まった数量を買うケースよりも「価格が高いときは少量だけ」「価格が安いときはたくさん」購入することになり、結果的に平均的な取得価格を引き下げることができるという投資方法です。

投資信託とドルコスト平均法のメリット」などで紹介されるように投資信託などで活用されます。
一般的な株式投資は株数単位でしか買えませんが、るいとう(株式累積投資)の場合は最初に説明したように定額投資が可能になっており、ドルコスト平均法が活用できます。

このほかにも、価格変動のある株式を特定のタイミングで購入するのではなく、毎月投資するという形にすることで自然と時間分散をすることができ、株価変動の影響をよりマイルドにすることができるという点もメリット都営ます。

 

るいとう(株式累積投資)とそのデメリット、リスク

るいとう(積立投資)の欠点はすべての証券会社(ネット証券)で取引ができるわけではなく、また全銘柄がるいとう(積立投資)により投資できると言うわけではありません。
また、配当金は保有株数に応じて公平に分配されますが、株主優待などは、各企業が定めている「単元株」という株数に達していないともらえない場合もあるという点もデメリットといえます。

 

るいとうが利用できるのは大手証券会社の支店取引に限定
るいとう(株式累積投資)は原則として大手証券会社の支店取引でのみ利用できます。たとえば、野村證券のネット取引専門の「ネット&コール」の取引では利用できず、○○支店に口座を持っていないと取引できません。
支店取引扱いなので購入手数料も割高で1%を超えます。「証券会社の手数料比較 株取引に手数料は超重要」でも紹介している通り、投資における手数料は100%確実に発生するマイナスリターンと考えると、コストの高い大手証券の支店取引には問題があります。

 

すべての銘柄がるいとうできるわけではない
たとえば野村證券の場合は1818銘柄です。一方で東証上場銘柄数は3533銘柄。となると、るいとうで投資できるのはだいたいですけど、半分強の株ということになっています。

 

配当はもらえるけど株主優待がもらえない
るいとうで、株式を積み立て投資する際、各企業が定めている、単元株(多くは100株)に達するまでは配当金は按分されて受け取れますが、株主優待はもらえないことが多いです。ただし、累積投資によって、100株などの単元株を超えた場合は、その単元株数に応じた株主優待をもらうことができます。

 

ネット証券の低コストな手数料で株式の積み立て投資をする方法

ここまで説明したように「るいとう(株式累積投資)」はシステム的には素晴らしいけれども、コスト(手数料)や使い勝手の面にやや難ありです。

そこでその解決策として提案したいのはネット証券の単元未満株取引(ミニ株やプチ株)などを利用した積み立て投資をするという方法です。単元未満株取引というのは、通常100株といったような単元株以下の株数(1株単位)で株式を売買することができるというものです。

一部のネット証券ではこの単元未満株取引を利用した積み立て投資にも対応しています。

 

カブドットコム証券のプチ株積立(プレミアム積立)

「プレミアム積立(プチ株)」とは、毎月500円以上1円単位の少額から「プチ株(単元未満株取引)」を積み立ててできるサービスです。投資経験の少ないお客さまでも安心してご利用いただきやすい株式投資サービスです。

プチ株積立の特徴(強み)
・500円から積立が可能(るいとうは1万円~)
・投資可能な銘柄は約3200銘柄
・積み立て投資の代金は「銀行口座からの口座振替(自動引き落とし)にも対応
・積立を継続すると手数料は最大50%割引(2万円投資の場合の手数料は最低50円とわずか0.25%)

以上のようになっており、大手証券のるいとう(株式累積投資)と比較しても非常に魅力のあるスペックとなっています。ちなみに、大手ネット証券でこうした単元未満株の積み立て投資ができるのはカブドットコム証券だけとなっています。

>>カブドットコム証券公式ホームページはこちら

 

 


ネット証券に関する口コミ大募集

当サイトでは、ネット証券・証券会社に対する口コミ情報を募集しております。
実際に証券会社を利用されて見て、良かったと思う点、悪かったと思う点など忌憚ないご意見をお寄せ下さい。

あなたの口コミ・評価が他の方の証券会社選びの手助けとなります。

>>口コミ投稿フォームはこちら


ネット証券比較ランキングTOP / ネット証券なんでも比較