証券会社(ネット証券)の選び方

証券会社の選び方

会社四季報を無料で読める証券会社

会社四季報とは、東洋経済が販売している上場企業の図鑑のようなものです。企業の業績から業務内容、今後の予想まで、1社1社の情報が掲載されています。投資家必携の情報誌のひとつとされていますが、多くの証券会社では、Web上で情報を提供しています。現在利用している会社が会社四季報に対応していない場合は、ぜひ1社は会社四季報を無料で提供してくれる証券会社を抑えておきましょう。

とはいっても、「投資情報でネット証券会社比較(一覧表)」を見てもらえばわかる通り、ほとんどの証券会社では四季報情報を無料で提供しています。
提供しているかどうかはあまり気にする必要はないかもしれませんね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ネット証券比較ランキング.com

会社四季報とは

会社四季報とは、上場企業の図鑑のようなものです。企業の状況に関する近況コメント、株主構成、財務データ、財務諸表、業績予想などが掲載されています。四季報という名前のとおり毎年3月、6月、9月、12月の中旬に販売されます。投資家のバイブルとして定番の本でしたが、最近ではネット証券を中心にオンラインでも情報が提供されています。

会社四季報に記載されている情報の中でも「会社の特色」「本文(記者が取材等を通じて行っているその会社の評価)」は参考になりますし、また、会社の業績についても一覧形式でサラサラと見ていけるのは自分の知らない優良企業を探す上でも便利です。

四季報の読み方・活用法・注意点

四季報はどういう時に活用するのでしょうか?
WEB版の四季報は、基本的にその会社がどんな会社でいまどのような状況に置かれているのか?というのを確認する時に役立ちます。状況についてコメントのほか、配当予想、収益に関する予想などが簡潔に書かれており、また過去数年にわたるデータも掲載されているので、過去と現状の把握が容易にできるというのが四季報の魅力です。
会社四季報の具体的な読み方については「会社四季報の読み方」などのサイトで参考にしてみてください。

証券会社のホームページから企業名や銘柄コードで検索をかけたら「四季報情報」などのリンクがあるはずなのでそこを押すだけで確認できます(仕様は各証券会社によって異なります)。

(四季報の注意点)
四季報は年4回更新されますが、企業を巡る状況はめまぐるしく動いています。場合によっては情報が古くなっているケースもあります。投資する時は必ず、最新ニュースなどが更新されていないかをご確認ください。

また、WEB版があるから紙の四季報はいらないという方も多いようですが、紙の四季報は「知らない銘柄を探す」という時にとても便利です。また、複数年での四季報が手元にあるとその会社がその時どういう状況だったのか?ということが分かって結構勉強にもなります。
年1回くらいは本(書籍版)の四季報を買っていくという方法をお勧めしています。(参考:四季報(Amazon)で探す

 

会社四季報が無料のおすすめネット証券

以下のネット証券では、東洋経済の会社四季報を投資家に無料で提供しており、また利用しやすい(読みやすい)という条件を満たしているところです。

SBI証券

SBI証券の公式ホームページ(ログイン後)や同社のトレーディングソフト(HyperSBI)で会社四季報を読むことができるようになっています。利用料は当然無料です。
>>SBI証券の詳細情報

マネックス証券

マネックス証券では、公式ホームページ(ログイン後)の個別銘柄情報ページ内で会社四季報情報を確認することができます。また、同社のスマートフォン向けアプリでは、会社四季報速報をニュースとして受信、読む事もできます。もちろん無料です。
>>マネックス証券の詳細情報

楽天証券

SBI証券と同じように、公式ホームページ(ログイン後)や、楽天証券のトレーディングツール「Market Speed」内で会社四季報を読むことができます。速報にも対応しており、発売日には最新の情報を見ることができます。もちろん無料です。
>>楽天証券の詳細情報

 

 

 


ネット証券に関する口コミ大募集

当サイトでは、ネット証券・証券会社に対する口コミ情報を募集しております。
実際に証券会社を利用されて見て、良かったと思う点、悪かったと思う点など忌憚ないご意見をお寄せ下さい。

あなたの口コミ・評価が他の方の証券会社選びの手助けとなります。

>>口コミ投稿フォームはこちら


ネット証券比較ランキングTOP / 証券会社の選び方