NYC Photo

ネット証券何でも比較

投資商品別ネット証券比較

投資商品別ネット証券比較では、信用取引や海外株式、投資信託、外貨投資、コモディティ投資、CFD取引など、証券会社が取り扱っている各種投資商品別にネット証券を徹底比較していきます。

証券会社比較サイトなどでは株式投資の手数料などは比較されることが多いですけど、株以外の投資に関する比較はあんまりされていません。ここでは、各投資商品ごとの証券会社の特徴やそれぞれの投資商品の簡単な紹介をしていきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ネット証券比較ランキング.com

投資商品別にピッタリの証券会社を探そう

証券会社で取り扱っている投資商品は本当にたくさんあります。
一般的な国内株以外にも、その信用取引、外国株式、投資信託、債券など様々です。ここでは、各投資商品別に証券会社・ネット証券を比較するべきポイントやそれぞれの投資商品ごとの特徴、投資の注意点などをまとめています。

信用取引

ほとんどの証券会社では、信用取引の取り扱いを行っています。しかし、信用取引は取引する証券会社により取引できる銘柄やコストなどが変わってきます。ここでは、信用取引でネット証券を比較していきます。

外国株投資

外国株への投資は国内株ほど証券会社間の取り扱いが異なっています。証券会社によって、取引可能な外国株の種類や株数は異なりますし、手数料も違ってきます。さらに、外国株投資の場合には情報も重要です。

投資信託

投資信託は証券会社により取り扱いできる本数や手数料などが異なっています。ここでは、証券会社、ネット証券ごとの投資信託の取り扱い状況などを比較していきます。

ETF

ETFとは、証券取引所に上場している投資信託の一種(株価指数連動型上場投資信託)です。投資信託とはいっても、リアルタイムで売買が可能など株式に近い性質を持っています。ローコストで手軽に分散投資ができる商品として人気です。

外貨MMF

ネット証券には有利な外貨投資の手段である外貨MMFやがあります。ここでは、証券会社・ネット証券ごとの外貨MMFの取り扱い状況を比較するとともに、外貨MMFの商品性・特徴を分かりやすく紹介していきます。最近では、証券会社での外国株式や外国債券において外貨預金代わりにも利用できるなど利便性が向上しています(一部証券)。

債券

債券というのは、債券を発行する会社に一定期間お金を貸すことで、代わりに金利(利息)を支払ってもらうという投資商品です。債券を発行する会社の信用リスクはありますが、株式投資などと比較すると値動きが小さいので比較的低リスクの投資商品とされています。代表的な債券投資として「国債(個人向け国債)」「社債」「外債」などが挙げられます。

IPO

IPO(新規公開株)への投資を考える方も多いようです。IPOや公募株などは証券会社がいったん企業から「引き受け」をしてその株式を投資家に対して販売するという形になります。そのため、IPO狙いで証券会社を比較する場合には、基本「引き受け力」が高いところを選択するのがポイントとなります。

日経225先物(日経225ミニ)

日経平均株価の先物取引です。指数を取引できると言う点では、上場投信(ETF)と同じですが、高いレバレッジが可能な取引となっています。通常の日経225先物は最低投資単位が大きく個人投資家の参加は難しかったのですがミニ取引により投資へのハードルが下がっています。

オプション取引

オプション取引は、指数や株式などを売買する権利を売買する取引です。先物取引と似ていますが、あくまでも権利の売買である点に違いがあります。投資の幅も広く、日経平均などの指数のほか、個別株式についても取引することができます。

CFD(差金決済取引)

CFD(差金決済取引)という取引があります。実際には株式を売買することなく、証拠金による取引の一種です。世界中の株式やコモディティ、債券、株価指数などの取引が可能です。

 

 

 


ネット証券に関する口コミ大募集

当サイトでは、ネット証券・証券会社に対する口コミ情報を募集しております。
実際に証券会社を利用されて見て、良かったと思う点、悪かったと思う点など忌憚ないご意見をお寄せ下さい。

あなたの口コミ・評価が他の方の証券会社選びの手助けとなります。

>>口コミ投稿フォームはこちら


ネット証券比較ランキングTOP / ネット証券なんでも比較