NYC Photo

ネット証券何でも比較

貸株サービスでネット証券比較

貸株サービスとは、自分が保有する株式を証券会社に貸すことで、その賃貸料として一定のお金を受け取ることができるというサービスです。中長期保有を目的としている株式などは貸株をしておくことで配当金や株主優待以外の第三のインカムゲインとなりうるサービスです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ネット証券比較ランキング.com

貸株とは

貸株とは、株主が第三者である証券会社に保有する株式を貸付することをいいます。貸し手(個人投資家:株主)が借り手(証券会社)に株券を差し入れる一方で、借り手である証券会社は、投資家に対して賃借料(貸株料)を支払います。
貸株料を受け取ることで、投資家はこれまで株式の保有により得ることができたインカムゲインである「配当金」「株主優待」などに加えて「貸株料」という三つ目のインカムゲインを受け取ることができます。

なお、株券を証券会社に貸している状態では、株主としての権利も証券会社に移ることになります。そのため、配当金や株主優待などを受け取る権利も証券会社に移ってしまうのですが、貸株サービスを提供している証券会社は配当金や株主優待の権利確定日には一時的に返してもらうことでこうした権利を自分のものにすることができます。

貸し株サービスのメリット

貸し株サービスのメリットはなんといっても、そのままにしておけば本来得られなかった収益を得ることができるという点です。年間の収益に換算すると1%弱の収益ではありますが、たとえば500万円の株投資であれば年に数万円もの収益を得ることができるのです。
この収益は貸し株サービスを利用しなければ得られなかった収益です。ぜひ積極的に活用したいところです。

貸株サービスのリスク

貸株サービスのリスクとしては、万が一貸株を行っている証券会社が破綻した場合、貸し株として貸し立ている株式がかえってこないというリスクがあります。貸株サービスは、株式を預ける証券会社に所有権が移転します。
その間は証券会社の分別管理の対象から外れてしまいますので、万が一、貸し株をしている証券会社が破綻した場合は保護の対象外となってしまいます。貸し株をする場合は、対象先の証券会社の健全性も十分に考慮しましょう。
詳しくは「貸し株サービスのリスク」をご覧ください

 

そんなあなたにイチオシのネット証券はこれだ!

以上の条件を総合的に勘案した上で、ネット証券比較ランキング管理人がイチオシするネット証券は以下の証券会社です。

SBI証券

貸株サービスの金利(2012年1月現在)
銘柄によって個別に定められています。
0.1%~最大5%までの金利(貸株料)が支払われます。
>>SBI証券詳細

カブドットコム証券

貸し株サービスの金利(2012年1月現在)
銘柄によって個別に定められています。
0.1%~最大5%までの金利(貸株料)が支払われます。
>>カブドットコム証券詳細

※MUFJ(三菱UFJフィナンシャル・グループ )

マネックス証券

貸し株サービスの金利(2012年1月現在)
全銘柄:0.1%
特定銘柄:0.5%(マネックス証券が指定する銘柄)
>>マネックス証券詳細

松井証券

貸し株サービスの金利(2012年1月現在)
日証金で逆日歩が発生している銘柄に対して逆日歩相当額が預株料として支払われます。高額逆日歩が発生すれば高い収入となりますが。。。
>>松井証券詳細

 

 


ネット証券に関する口コミ大募集

当サイトでは、ネット証券・証券会社に対する口コミ情報を募集しております。
実際に証券会社を利用されて見て、良かったと思う点、悪かったと思う点など忌憚ないご意見をお寄せ下さい。

あなたの口コミ・評価が他の方の証券会社選びの手助けとなります。

>>口コミ投稿フォームはこちら


ネット証券比較ランキングTOP / ネット証券なんでも比較