LINE証券

LINE証券

LINE証券の詳細情報・評判・口コミ

LINE証券は2019年にLINEと野村證券が共同で設立したネット証券です。

LINEというアプリを利用した形で株式投資をすることができるようになります。投資は1株単位で売買できる単元未満株取引ができます。

取引できるのが100銘柄(300銘柄に拡充)に加えETFが15銘柄に絞られているなど、少し不便な面もあります。

一方で、 LINEアプリを使って気軽に投資ができる、LINE PayやLINEポイントを使って投資できるといった面は評価できます。

お勧め度:★★★★(5段階評価)

ネット証券比較ランキング.com

LINE証券の総合評価

LINEアプリを通じて手軽に株取引ができるのが魅力です。ただ、証券会社になりますので、口座開設が必要で、マイナンバー(個人番号)の登録なども必要です。ポイント投資のように、すぐに投資できるといった話ではないですね。

最低1株単位からの売買が可能となっています(通常は100株単位)。
投資対象は国内株300銘柄と15種類のETFとなっています(2020年1月15日現在)。

総合的な評価としては、投資経験がゼロという人には手軽でいいんですけど、実際に株取引をしている人にとってはLINE証券をあえて利用するメリットは低そうです。

手軽な小額投資がしたいなら「ネオモバ(SBIネオモバイル証券)」とかの方が良いです。

 

LINE証券の手数料

取引手数料は無料となっています。

取引都度
~50万円
~100万円
~150万円
~300万円
備考
無料

 

手数料は設定されていませんが、売買の都度、スプレッドが設定されます。

FXなどと同じですね。500円で取引されている会社があるとして、その会社の株を買うときは505円が必要で売るときは495円になるといったイメージです。

スプレッドは固定ではないようです。手数料無料と表現していても、実際には価格に手数料が入っているわけですから、うーん。という感じです。また、スプレッドの幅も固定ではないようなので、これが広がるような場合の、実質的な手数料が知りたくなりますね。

なお、実際に試してみたところ、取引時間中のスプレッドは0.05%程度だったので、コストとしては低めです。

 

LINE証券に対する口コミ・評判・評価

-良いと回答した口コミ-

満足した
良い

なし

-中立と回答した口コミ-

感想
中立

スプレッドは想像していたよりも狭かったです。悪くないなと思いました。ただ、銘柄数が少なすぎるので、あくまでもお試しくらいにしか使えない感じです。LINE証券ならではの何かがあればいいんですけどね。

-悪いと回答した口コミ-

不満だった
悪い

なし

 

 

SBIネオモバイル証券 口座開設

株式投資は初めてという方に特におすすめ。小額投資におすすめの「ネオモバ」

月額取引50万円までは実質負担20円の手数料で株取引が可能。Tポイントを使って投資もできる。
>>SBIネオモバイル証券詳細情報

 


ネット証券に関する口コミ・評判を大募集

当サイトでは、ネット証券・証券会社に対する口コミ情報を募集しております。
実際に証券会社を利用されて見て、良かったと思う点、悪かったと思う点など忌憚ないご意見をお寄せ下さい。

あなたの口コミ・評価が他の方の証券会社選びの手助けとなります。

>>口コミ投稿フォームはこちら


ネット証券比較ランキングTOP / 証券会社一覧