NYC Photo

ネット証券何でも比較

SBIジャパンネクストPTS

オークション型のPTS取引です。SBIジャパンネクスト証券が提供し、SBI証券が参加しています。 夜間取引としてだけでなく、昼間の時間帯の取引も可能です。

個人投資家向けのPTS市場(夜間取引市場)としては規模、出来高ともに一番大きいPTSになっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ネット証券比較ランキング.com

SBIジャパンネクストPTSのサービス概要

PTS取引として「デイタイム」「ナイトタイム」があり、夜間だけでなくザラバ中(普通の株取引が行われている時間帯。前場+後場の時間帯のこと。)もPTS取引ができる。そのため、場中であっても市場(証券取引所)で買うよりも有利な価格でPTS市場で株が売買できる場合はそちらで売買することも可能になっています。

また、市場に参加する証券会社も「SBI証券」「楽天証券」「GMOクリック証券」「ゴールドマンサックス証券」と多く、特にネット証券系では、二強ともいえるSBI証券と楽天証券が加わっているので出来高も期待できます。
(PTS市場でオークション方式を採用する場合は出来高がないと売買が成立しにくかったりするので、出来高は重要です。)

現在のところ、本サービスを提供しているのはSBI証券のみとなっています。
ただし、規制緩和によって機関投資家等のPTS取引参加もふえており、出来高も増大しており、PTS市場としてはなかなかの規模になっていると思います。

さらに、特徴としては呼び値の幅です。1円~3000円までの株価の場合の呼び値はなんと0.1円単位になっており、通常の株取引よりもよりきめ細かな取引ができるようになっています。

注意点としては取り引き方式が、証券取引所におけるオークション方式ではなく、顧客指値対当方式という方法が取られているということが挙げられます。どんな違いがあるのかというとざっくりいうと「成行注文が出せない」という点です。指値注文のみの受付となります。

売買可能時間

デイタイムセッション:午前8時20分から午後4時00分
ナイトタイムセッション:午後7時00分から午後11時59分まで

ナイトタイムセッションによって夜間の取引が可能です。欧米市場やニューヨーク市場の動向を見ながら日本株をPTSで売買できます。

注文方法
原則として「指値のみ」。成行での注文はできません。
取引銘柄
3,533銘柄(2012年10月3日現在)

 

 

そんなあなたにイチオシのネット証券はこれだ!

以上の条件を総合的に勘案した上で、ネット証券比較ランキング管理人がイチオシするネット証券は以下の証券会社です。

SBI証券

SBIジャパンネクスト証券のPTSサービスが利用できます。価格変動型のPTS取引では出来高が大きいので価格が安定しているのが特徴です。夜間以外のザラ場中(取引時間中)でも売買でき、市場よりも有利な価格で売買できるときに活用できます。

また、ザラ場時間中(取引時間中)でも市場(東証など)とPTSのどちらか有利な方に売買注文を出すこともできます。 現在のところ個人投資家向けに夜間取引(PTS取引)を提供しているのは実質SBI証券だけになっています。
>>SBI証券詳細情報

 

 


ネット証券に関する口コミ大募集

当サイトでは、ネット証券・証券会社に対する口コミ情報を募集しております。
実際に証券会社を利用されて見て、良かったと思う点、悪かったと思う点など忌憚ないご意見をお寄せ下さい。

あなたの口コミ・評価が他の方の証券会社選びの手助けとなります。

>>口コミ投稿フォームはこちら


ネット証券比較ランキングTOP / ネット証券なんでも比較